「無料で遊べる」携帯ゲーム高額請求相次ぐ

 山形県内の主婦(37)が、ソフトバンクモバイルからの請求金額が急増したことに気づいたのは今年5月。明細には「情報コンテンツ料 4万5150円」とある。小学3年生の長男(9)に聞くと、大手サイトで自分の分身(アバター)を飾るアイテムを買っていたという。

 購入方法は、携帯画面上の「購入」ボタンを押すだけ。ドコモやauでは有料サービスを受ける際に暗証番号の入力が求められるが、ソフトバンクは入力を省略しており、長男は母親に無断で何度も購入していた。請求額は翌月分も含めると8万円近くに上った。

 ソフトバンクは当初、「請求通り支払ってほしい」として相談に応じなかったが、その後、地元の消費生活センターを経由して再度連絡を取ったところ全額返還された。主婦は「無料だと思って安心して遊ばせていたのに」と振り返る。

 ソフトバンクの話「返金は個別対応しており、件数や金額は明かせない」

各地の消費生活センターなどには「5歳の子供が着せ替えで遊んだら4日分で10万円の請求が来た」(広島市)、「10歳の子の使用で5万円請求された」(北九州市)といった苦情が寄せられている。

ソフトバンクモバイルでは暗証番号入力なしで課金されてしまう




山形県内の主婦が、ソフトバンクモバイルからの請求が急増したので調べたら長男がサイトでアバター購入していたそうです。
なおソフトバンク携帯は課金の際に暗証番号入力が不要とのこと。



全額返還するなんてソフトバンクはとても誠実だと思いました。信頼できるキャリアはやはり違いますね。他社も見習ってほしいものです。